にきび・にきび跡

ホルモンバランス、ターンオーバーの乱れ、乾燥、ストレス、お化粧等が影響しています。
にきびの状態によっては早い段階からの治療が必要になります。初めは内服薬・外用薬の処方等、保険診療で行えるニキビの治療を行います。重度のにきびやにきび跡等、保険診療では改善が難しい場合は美容皮膚科(自費治療)と組み合わせ、にきびの状態、肌質等によって最適な治療法を決定していきます。

にきび・にきび跡

治療方法

ポテンツァ
ポテンツァ
にきび跡 毛穴 瘢痕 赤ら顔 肌質改善
LED治療(N-LED5000DK)
LED治療(N-LED5000DK)
にきび 育毛
ダーマペン4
ダーマペン4
毛穴 にきび跡 傷跡 ハリ 小じわ アンチエイジング
ケミカルピーリング
ケミカルピーリング
にきび くすみ 毛穴 しみ ハリ
ケアシスS(エレクトロポレーション)
ケアシスS(エレクトロポレーション)
くすみ ハリ 乾燥 小じわ
ピコレーザー(トーニング・フラクショナル)
ピコレーザー(トーニング・フラクショナル)
色むら にきび・にきび跡